猫里親募集ブログ

東海地区で活動中の犬と猫の保護ボランティアグループ、アニマルサポートわんわんわんさんの保護猫の預かりをしています。本当のご家族にめぐり逢うまでの猫達の愛くるしい日常を綴っているブログです。

お知らせ★次回定例譲渡会1/14

---★アニサポ定例譲渡会★---
日時:毎月第2日曜日(11:00~15:00)
場所:名古屋市南区 動物霊園 「長楽寺」さんにて
犬猫グッズのフリマや、ハンドメイド作家さんの手作り作品、
新鮮でおいしい野菜なども売っています。

 参加犬猫ちゃんやご来場に際してのお願いはこちらをご覧ください↓
 アニサポ公式

記事一覧

避妊手術後のはあとの様子(猫と避妊手術)

今週月曜日、はあとちゃん避妊手術をしました。体重は2.7㎏になってました。保護したときは1.6㎏、大きくなったなぁ・・・。

はあとはなかなか活発なお嬢さんです。遊び好き、好奇心旺盛!そして食欲も旺盛(^^;)人も猫も大好きです。

膝に乗る猫

保護猫はあと

ちょこちょこ膝に乗ってきては居眠りタイムに突入したりしています。ぎゅっと腕をつかむはあと、可愛いです♪



飼い猫の避妊手術は必須です。猫の繁殖力はかなりのものなので、仮に雄猫と雌猫を一緒に飼っている場合、あっという間に何十頭にもなってしまいます。

  • 体にメスを入れるのは可哀相
  • 人間の身勝手だ
  • 1匹飼いだから必要ない

と思うかもしれませんが、避妊手術をしないとどうなるか?という視点からみてみると、やっぱりするべきだと思います。

膝乗り猫

アニサポ保護猫はあと

まず、雄猫はスプレー行為が始まる確率がぐぐっと上がる、ことです。去勢すればまったくしないかというとそうでもありませんし、一旦スプレーする癖がついている場合は、手術をすればしなくなるかというと、100%そうとも言えないけれど、問題行動(あくまでも人間にとって)が減ることは確かです。

それに、普段は部屋の中だけで満足している猫でも発情期になると外に出たがるようになります。うっかり脱走してしまうと大変です。他の猫とケンカをして感染症になってしまったり、交通事故に遭う危険性もあります。

去勢をした雄猫は外界に対しての関心がほとんどなくなり、幼さがそのまま残るので甘えん坊が雄猫に多いのもそのせいと言われています。

グレー白オレ様猫トム
オレ様は別です・・・(^^;)

雌猫の場合は、発情期が来るたびにものすごくストレスがかかります。発情した雌猫の鳴き声は赤ちゃんが力いっぱい夜鳴きをしているようなかんじです。人間がうるさいから、ということだけでなく、そのときの猫の様子は見ている方も辛いです。

ごめんねぇ、でもどうにもしてあげられないんだよー

一緒に泣きたくなりました。

避妊による大きなメリットもあります。乳腺や子宮の病気にかかる確率を減らすことができます。

キジ白少女猫はあと避妊手術後術後服
病院で着せてもらった術後服(?)のはあと

現在の獣医師さん達は、雌猫の手術は発情する前に済ませるべきだという見解が多いようです。私が猫と暮らし始めたときは、雄も雌も1才になってからという獣医さんが多かったのです。

雌猫の場合、卵巣から分泌される発情ホルモンの影響を子宮や乳腺が受けないうちに手術をすることによって、中年以降にかかりやすい乳腺腫瘍や子宮内膜炎の発生が8分の1くらいに抑えられるといいます。


余談ですが、避妊手術後の傷口のケアは、獣医さんによってさまざまです。前回あやちゃんのときはぎゅうぎゅうのサラシ、うちの子のときはトンネル状のネットに穴をあけたもの。テープだけの病院もあるそうですよ。

キジ白少女猫はあと避妊手術後
今朝のはあと。日向で伸びて寝てました。さて、どんなお顔?

キジ白少女猫はあと避妊手術後

うん、気持ち良さそうだね♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

スモーク子猫4兄妹やってきてます!今しばらく家猫修行

2週間ほど前から新しい預かりっ子が来ています。3ヶ月くらいの子猫たち

 


実は同じ場所で少し前に保護された子猫がいます。同じようなスモークの毛色でアニサポの代表やスタッフは「もしかしたらみんな兄妹!?」と思っていたのですが、保護してみたらどうも大きさが違う。数日後、もう1匹子猫が保護されて、結局は二腹の兄妹子猫だろうということで決着。

一回り小さいほうの子猫たちは、もう募集始まってアニサポホームページに掲載されています。三代目・ジェイ・ソウル(たち)ブラザーズです♪


さて、とりあえず拙宅に来た子猫たちですが、かなりビビッております。



左から 葵ちゃん、光君、明石ちゃん


  
紫ちゃん↑



紫ちゃんは4兄弟の中で一番体が小さくて大人しい子です。でも、物に動じないあんがい肝の座った猫さんかもしれません。心を完全に開いてくれたら甘ったれになる予感♪ 

お次は明石ちゃん。





なかなかキリッとしたべっぴんさんです。体も一番大きくて元気があります。触るなーっ!という意思表示も直球ですが、おもちゃにつられてしまうところは小僧要素満載です。






葵ちゃんは、1匹だけお顔の感じが違います。



きもーち横広がり?今は気が立っているからカメラを向けると特に睨みつけているように写っていますが、柔らかい雰囲気になったらプリティガールです♪

唯一の男の子の光君。



彼だけ目の色が違います。緑色です。なかなか男前ですよね♪



ものすごく警戒しているのですが、そこはやっぱり

お・と・こ・の・こ

遊びの誘惑には飛びつきます(^^;)




人にはあまり慣れていないのですが、保護したときの状態がいまひとつだったので、まずは体調を整えるのが先決です。ノミダニ・お腹の虫等退治して、栄養をしっかり蓄えられるようにならないとね。

月末に葵ちゃんと紫ちゃんがモーモーママ宅へ移動しました。今は光くんと明石ちゃんが我が家に滞在中。

まだお腹がゆるいので過度なストレスはかけないように、それでもなるべく早く人との生活に馴染んでもらえるようにスキンシップをとっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

意外に慎重派な少女猫はあとちゃん、これ何!?

保護されて2ヶ月が経つはあとちゃん。すっかり落ち着いた家猫さんです。体重も1キロ程増えました。運動能力も高くてしっかりした筋肉、バランスの良い体型は健在です(^^)v

今日はお日様が気持ちよいので日向ぼっこをしていました。



トムと一緒です。この場所は、とっても暖かいから~。



ヒーターの温風が頭上を通り抜けていくようです。
うん、あったかくて気持ちいいね♪

子猫というには少しお姉さんになってしまったけれど、好奇心の強さは子猫並です。ぷらんと垂れ下がっている紐を見つけるとチョイチョイ・・・、ペンを動かしている指先にチョイチョイ・・・。はあとちゃんはすぐに手が出るタイプ。うちの噛み噛み猫トムのように、手より口が出る猫よりよっぽど良いです!肉球がぷにっと当たって気持ちいいです。



昨日、ネスレからキャットトンネルが届きました。ピュリナキャットフードの定期便を申し込んだので特典プレゼントです。申し込みからずいぶん経っていたのですっかり忘れていて、数日開封せずに放置してたのですが(^^;)

初めて見る大きな物体にはあとは・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

センターラグのチョイスを間違えた&見当違いの子猫はあと

すっかり寒くなりました。遅ればせながらラグを買い換えました。猫飼いの人は頻繁に敷物を変えると思いますが、我が家もシーズン毎に購入です。あっという間に傷みますからね。おまけに有り難くない置き土産もありますからね(^^;)

今回、なぜか大失敗してしまいました。一番避けていた色と


ガチャガチャ模様!

こうなりました。



トムにいたっては保護色に・・・。あったかいから良いんですけどね。どうせ数ヵ月後には1シーズン限りと諦めもつくんですけどね。



寝心地は気に入ってもらえたみたいです。



アタチはいいと思うよ(by はあと)



話は変わりますが、はあとは模様の入り方がちょっと面白い。あご下が茶色です。縞縞模様と黒点と茶。

最近ははあとの元気についていけないトム猫ですが、それでも2匹つるんでます。はあとがトムの後をくっついている感じですけど。人間も遊んであげたりするのですが、やっぱり若い猫は体全体を使ってハッスルしたいようです。人間では役不足!?

先日も自室に逃げ込んだ娘を執拗に狙うトムに参加してました。(娘が逃げた理由はトムに襲われたからです^^;)


1日1回は飛び掛られている娘なのであります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

初めての譲渡会!猫を被ったはあとちゃん、はぬくぬく~♪

日曜日は毎月恒例、長楽寺さんで犬猫の譲渡会でした。お天気には恵まれましたが、日陰はやっぱり寒い><

はあとにとって初めての譲渡会。さて、どんな態度かちょっと心配でした。出かける直前までダダダーッ!ピョン!ダダーッ!!と大ハッスルのはあとさん。なかなかキャリーに入れられません(^^;)



いや、君じゃないから・・・

トムは学習能力がないのか、オレ様だから小さいことにはこだわらないのか、キャリーインして連れて行かれる場所は嫌なところばっかりなのに、ふたを開けると必ずといっていいほど自ら入ります。

賢い子はキャリーを持っただけでピューッと姿をくらまします。楽で良いんですけどね。

今回は寒さ対策にアニサポスタッフ御用達の にゃん袋 を購入すると決めていました!こちらです。



ぬくぬく~。



袋の中に入っていると猫の全身を見ることはできませんが、可愛いお顔はこの通り。寒さに弱い猫さんたちなので、寒い季節にご来場される方々、どうかお許しを。。。

気が付けば、ずらーっとにゃん袋にインした猫たちの可愛い寝顔が並んでおりました♪

こちらはアニサポの乳飲みの守護神、しまわん母さん作であります。フリマで販売していますので、譲渡会にいらしたときは是非そのふかふかぬくぬくの手触りを実感してみてください!愛猫ちゃんもきっと気に入ってくれると思います♪

我が家のオレ様も、



数ある布モノの中で一番気に入ったようです。(いや、君にはやらんから・・・)



しまわん母さんのネットショップはオーダーメイドの首輪とリードを販売してますよ。
にゃん袋はアニサポフリマだけ!
ショップ:ジョディのお店


肝心のはあとの態度ですが、しっかり猫を被っておりました!いつもは元気印満載のうきゃうきゃガールですが、あんがい大人しくしていました。ケージから出たがることもなく、すっかりおうち猫さんです。

我が家のおばちゃん猫もトムもそうなのですが、外の生活をしていた猫さんでも外に出たがる子ばかりではありません。猫はテリトリーの中だけで満足する動物なので、むやみに行動半径を広げることは基本的にしません。彼らにとって家の中がテリトリーです。

もちろん玄関や窓などの脱走対策は重要です。好奇心でスッと出てしまってパニックになって帰れなくなることもありますから。あんがい猫は賢いので、窓を開けるだけでなく鍵も開けてしまう子もいますよ。



おまけの可愛い猫画像



ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

猫の模様は面白い!はあとの黒ゴマ点々

猫の毛色というと、黒・白・茶・グレー・クリームなどがあります。はたまた単色、二毛、三毛という見方もありますね。毛色によって性格にも特徴があると何回か書きましたが、今回はちょっと違う視点からはあとを紹介したいと思います。



はあとはキジ模様が多目のキジ白の女の子です。その白い毛の部分にポツポツと黒い模様が点在しているのです。



可愛い手です♪両手両足にあります。



ズーム



はあとはお外から来た子なので、最初は 汚れっ!? なんて思っていたのですが、しっかり模様でした。

白い毛の中にぽつんとカラーの毛がある猫さんは割といます。それがチャームポイントになったりしますが、はあとは微妙かな~・・・。私にとってはすごいキュートな点々模様ですけどね♪はあちゃんゴマゴマ~♪♪ と日々観察しております。


ところで、猫の毛色の分類で白い部分に注目したものがあります。体の一部に白い毛が入った状態をホワイトスポットと言います。


(今は星になった愛猫たち)

猫の毛色を白くする遺伝子にはいくつかありますが、この場合は部分的に白くすることが特徴です。そして、この遺伝子の現れ方は不安定でどのように出るかはわからないそうです。なので、同じ両親を持つ子猫で、模様がキジ白や茶白などで同じときでも、白い部分の範囲の違いが大きいことがあるのですね。



前も書いたかもしれませんが、白の割合によって3つに分類されています。

  • 白の割合が40%未満・・・ローグレード
  • 白の割合が40%~60%・・・バイカラー
  • 白の割合が60%以上・・・ハイグレード

あらわれ方の特徴によって呼び名があります。タキシード猫という言い方は耳にしたことがあると思います。顔、胸元、お腹に白い毛が入った状態のことでまさにタキシードを着ているようです。

タキシードより白い部分が少なくて、四肢の先にホワイトが入っている猫はミトンと呼びます。トムがそんな感じです。彼の場合は胸元とお腹にも白い毛があるのでタキシードとミトンの中間ってとこでしょうか?




他にも「マスク&マントル」「キャップ&サドル」「マグビー」「ハーレクイン」「バンパターン」などがあります。いい感じのモデルにゃんこがいないので、画像はこれからのお楽しみ、ということで(^^)v

ひとつだけ紹介します。バンパターンというのは体のほとんどが白で、耳の付け根としっぽに赤系の色が入った状態です。有名なのがターキッシュバンですね。バンパターンという呼び名もこの猫種からきています。

で、なぜこれだけ紹介したかというと、うちの家庭内半野良万年家猫修行中のおばちゃん猫すあまさんがこの入り方です。



三毛と言っては申し訳ない模様の入り方ですが、れっきとした三毛です!(笑)純和風のすあまさんですが、ちょっと面白かったので書いちゃいました。ちなみに、彼女と同腹兄妹のごまだれ君の模様の入り方もそっくりだったんですよ。



これは預かりをしていた頃のごまだれ君。1年以上の家猫修行の後、すてきな里親さんとめぐり合ったのです。いやー、この僕もかなり手こずった記憶が・・・。

同じTNR現場で保護された子達ですが、同年代の中猫を7匹保護したので当初は血縁関係が不明だったのです。ごまだれが出てすぐにすあまが我が家にやってきたのですが、態度もやることも体型も、毛の触り心地もまったく一緒!いやー、DNAの強さを実感したのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

おてんば猫はあとの人間の使い方

キジ白少女猫のはあと、毎日元気にあっちへダッシュ、こっちでジャンプ、トムに闘いを挑み(^^;)
スクスクというか、ぐんぐん育っておりますよ。



トムすっかり保護者です。

オレ様猫のトムですが、はあとには甘いお兄ちゃんです。どーんと飛び掛られても「やめれー」ってかんじです。はあと、猫スキルは高そうです。ぴょんぴょん飛んだり跳ねたり遊ぶのが大好きだから、一緒に遊んでくれる先住さんがいるお家が良いかな?一緒に遊んでくれる人間のお兄ちゃんやお姉ちゃんのいるお家も良いかな?



最近ちょっと冷えてきたから窓辺で日向ぼっこ。んー、そこもトム兄のお気に入りの場所なんだけどね。得な性格のはあとです。

くったくがない、というのがぴったりの性格です。もちろん人間に対しても!

いたずらして「めっ」って目を見るとぴゅーっ逃げ出す素振り。2、3歩進んでこっちをちらっと可愛い目で見返します。





もうひとつのお気に入り。私の普段使いのPCチェア。ここもトムと取り合っています。う~ん、気持ち良さそうだから退かすのは可哀相かな・・・とためらっていたのですが、全然大丈夫でしたー。

ひょいっと退かしても、ぴょんと膝に乗ってスヤスヤ眠ってしまいます。へこたれない神経の持ち主でもあるのです。



はあとにとって人間はあったかいベッドやクッションのようです。でもね、トムと遊んでテンションMAXになると・・・人間は隠れ場所やジャンプ台、着地場所にもなります。

まぁ、子猫はたいていそうなんですけどね。はあちゃん、みぞおちはやめてね。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

膝乗り猫は好きですか?猫が膝に乗ってくる理由は?

ちょっと前の家猫のイメージは、縁側でおばあちゃんの膝に乗って日向ぼっこでうつらうつら・・・。思いっきり昭和ですが(^^;)でも、愛読していた「ふくふくにゃ~ん」はまさにイメージ通りの漫画でした。
猫の性格もさまざまで、抱っこが好きな子、膝に乗ってくる子、自分から来ないけど膝に乗せるとまんざらでもない子など本当に個性があって面白いです。

東海地区犬猫保護里親募集

去年急逝した愛猫はひっつき虫でした。椅子に座ると必ずといっていいほど膝の上に乗ってきました。何時間でも、こちらが動かさないといつまでも鎮座していました。
ここまでくると、可愛い♪なんで言っていられないです。退いてください・・・と心の中で叫んでました。それでも自分から降ろせない猫バカなのです。
さて、なぜ猫が膝に乗ってくるのか?については、あまり知りたくない事実ですが、心地よいベッドというだけです。その猫との暮らしが長くなってくれば甘えたいときにも来ることもあるでしょうが、間違いなく最初の一歩はモノ扱いです。

アニサポ里親募集子猫

膝に乗ってくる猫は、基本的に温もりに接していると落ち着くタイプの子です。なんとなく膝にぴょん、と乗ったらあったかくて気持ちよかった。乗られたほうの人間は(猫好き)嬉しいですよね。だから、猫が寝やすいように胡坐をかいたり手を添えたりするので、猫はますます心地よくなります。

猫バカの私のような人間は、よっぽどの用事がない限り猫の睡眠をじゃまして膝から降ろすようなことはしませんね。長時間じっと重い愛情を楽しむことになります。こうして猫の頭に


膝=長い時間眠っていられる温かくて安心なベッド

という図式が刷り込まれるのです。
家族に迎えた新しい猫ちゃんを、膝乗り猫にしたかったら最初が肝心です。猫が膝に乗ってきたら、最低でも15分はじっとしていましょう。すぐに膝から降ろされると、今度は猫は膝に乗っても悪いこと(嫌なこと)が起こるとインプットしてしまいます。ま、たいていこういう時はトイレに行こうかな、と思ったときだったりしてタイミングが悪いものです・・・。

はあとも膝乗り猫ですよ♪

キジ白子猫


でっかい男が邪魔しに来ました。

子猫と大人猫

睡眠をジャマされてものすっごく不機嫌そうなはあと(^^;)

膝の上でケンカする猫たち

反撃に出ました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

膝乗りはあと♪猫にも人にも甘えん坊

少しの間、留守してました。と言ってもほんの3日間ね。その間はあとやうちの猫は仮父(夫)がしっかり面倒見ていたのでご安心を。

たった3日なのに、はあとったら大きくなってる!?・・・と思ったのですが多分気のせい。トムと一緒になってダダダーッと部屋中を走り回り、どこでもぴょんぴょん飛び乗って元気いっぱいなのでそう感じるだけでしょう。たぶん。。。


里親募集中の子猫はあと

最近のはあと、自分からぴょんっと膝に乗ってきます。もうチビチビじゃあないのでちょっと狭そう。


里親募集中のキジ白子猫はあと

そしておばちゃんの胡坐生活が始まったのでした。股関節が痛い・・・。

どんな顔しているかというと、

アニサポ里親募集中の子猫はあと

東海里親募集中の子猫はあと

ひとしきり寝て、甘えて、人に飽きたらトムを遊びに誘いに行きます。でも、最近トム兄はちょっとお疲れ気味。2回に1度は断られます。

里親募集中の子猫はあとねこじゃらし  

隠しておいたねこじゃらし発見!

愛知三重里親募集中の子猫はあと

器用に引っ張り出してきました。遊んで~と持ってくるかと思ったのですが・・・

愛知里親募集中の子猫はあと

一人遊びに興じておりました(^^;)

里親募集中の子猫はあと雌

育ち盛り遊び盛りの可愛いはあと。今日もお腹ポンポコリンでご機嫌です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

お外にいたら危険な子キジ白子猫はあとちゃん

はあとはなかなかおてんばです。すばしっこい子猫です。でも、人が大好きな猫でもあるのです♪甘えたいときは自分から膝にぴょん、と乗ってきます。そのままスヤスヤ眠ってしまうこともあります。

保護したときも、あっけなくケージにおさまったと聞きましたし、モーモーママがシャンプーしているときも、全然平気。大暴れする子ばかり見てきたので(自分の子を含めて・・・)なんて良い子♪って思いました。




つかまえる気満々で近寄るとピュッと逃げていきます。・・・1mくらい。ふ~ん、じゃあいいよ、とそっぽを向くとトコトコ、っと近づいてきます。ほんの少し警戒しちゃうのはお外の生活の名残かな?

でも、こんな子がこれからずっと外にいたかもしれないと思うと恐ろしいです。警戒するのは最初だけですんなり甘えて来そう・・・。こういう子は外生活は危険がいっぱいです。子供たちに場所を移動させられたり、最悪の場合虐待に遭う確率が高いのです。

我が家のおばちゃん猫のように、警戒心がものすっごく強くて、超ビビリの猫はそう簡単に人間に近づかないので危険な目に遭うのも少ないです。



はあとは、初対面の人にスリスリするほどではないけど、人恋しいオーラ全開なのですぐ陥落しそうです。保護してもらって良かったね♪

今日も元気にトム兄と走り回ってます。成長期の子猫のパワーに圧倒されてトムが逃げ込んでかまってあげないと、今度は人間にアプローチ。



とっても可愛い元気娘、里親様募集中です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

人への手加減、猫社会のルールを勉強中の子猫

はあとはどんな風に成長したのかわかりません。ある日突然1匹で姿を現したから。親や兄弟もなく、ぽつんとひとりで にゃあ~ん、と鳴いていました。

保護したその日、警戒心はあるように感じたけど、人に対して必要以上に怖がるわけでもなく、毛布にくるんでなでなですると、ゴロゴロ喉を鳴らしていました。

キジ白子猫


ねえ、はあちゃん、あなたはどこで生まれたんだろうねぇ。。。
一緒にいたきょうだいはどうしたんだろうねぇ。。。

アニサポ保護猫


きっと優しくしてくれた人間にも会っていたと思います。怖くないもんね♪

栄養たっぷりに成長したはあと、しっかりした体格です。とってもバランスの良いきれいな体型をした猫さんです。今はアレルギーのせいか、毛が薄くなっている箇所があるけど、なかなかのべっぴんさんです。

愛知猫里親募集

元気いっぱいで、いつも小走りで部屋を行ったり来たり。高いところへもぴょんぴょん飛び乗っていきます。同じくらいの月齢だった男の子猫でも躊躇したところもあっという間に制覇です。

アニサポ子猫はあと

お外を見て、なにを感じているのかな?これから寒くなるからね。あったかい家の中で美味しいご飯を食べて、すくすく大きくなってくださいな。


活発すぎるはあと、人間では役不足です。子猫の教育係、トムにお任せです。


人間の視点では、かなり激しいな・・・と感じますが、猫はこうやって手加減を覚えていきます。トムはかなり優秀な教育係なので、子猫になつかれてます。



ひとしきり遊んだ後は、仲良く昼寝です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

おてんば子猫はあとお披露目!キジ白プリティガール♪

すっかり更新が滞っておりますが、預かり猫がいないわけではなかったのです。はい、単なるサボリです。実はとーーっくに可愛い子猫が来ております。



9月のある日、とある場所にひょっこり現れたキジ白の女の子です。仮の名は はあと。
保護したその日にモーモーママからバトンタッチ。モーモーママに洗ってもらってから我が家に来ました。

はあと、鼻の頭や首、脇の皮膚が少し赤くなっていました。毛もうすーくなって・・・まぁ、はげていたわけです(^^;)


保護時に外にいたので、ノミやダニのアレルギーかもしれません。念のため真菌の検査をしましたがカビはないとの検査結果をいただき、ほっと一安心。



ちょっとまだ鼻の頭の毛が薄いです(汗)

生後4ヶ月目くらいのキジ白の女の子です。外で怖い思いもしてきたと思うので、警戒心はやっぱりあります。急に動いたり、手を伸ばすとビクッとしてすっとんで逃げます。でも!それ以上に人恋しい!!

ちょっとかわいそうだったけど、2週間ほど娘の部屋オンリーで過ごしていました。10時間くらいは娘はその部屋にいますが、その他は基本はあとひとりです。私が様子を見に行くと、ダーッと寄ってきてゴロゴロ喉を鳴らします。遊んで欲しくてしかたがない感じでした。



はあとはとにかく元気なおてんば娘です。いつもわちゃわちゃ動いていて、まともな写真が撮れないほどです・・・。ねこじゃらしをフリフリするとハンターの血が騒ぐようです。

温もりが恋しい子なので、自分からゴッツンゴッツン意思表示をするけど、抱っこはあんまり好きじゃない。ツンデレではなくデレツン?

じっとしているのが嫌なだけかもしれませんけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪
Copyright © 猫ごと★画像と動画でお届けする猫の日常 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます