猫里親募集ブログ

東海地区で活動中の犬と猫の保護ボランティアグループ、アニマルサポートわんわんわんさんの保護猫の預かりをしています。本当のご家族にめぐり逢うまでの猫達の愛くるしい日常を綴っているブログです。

お知らせ★次回定例譲渡会10/8

---★アニサポ定例譲渡会★---
日時:毎月第2日曜日(11:00~15:00)
場所:名古屋市南区 動物霊園 「長楽寺」さんにて
犬猫グッズのフリマや、ハンドメイド作家さんの手作り作品、
新鮮でおいしい野菜なども売っています。

 参加犬猫ちゃんやご来場に際してのお願いはこちらをご覧ください↓
 アニサポ公式

記事一覧

膝乗りはあと♪猫にも人にも甘えん坊

少しの間、留守してました。と言ってもほんの3日間ね。その間はあとやうちの猫は仮父(夫)がしっかり面倒見ていたのでご安心を。

たった3日なのに、はあとったら大きくなってる!?・・・と思ったのですが多分気のせい。トムと一緒になってダダダーッと部屋中を走り回り、どこでもぴょんぴょん飛び乗って元気いっぱいなのでそう感じるだけでしょう。たぶん。。。


里親募集中の子猫はあと

最近のはあと、自分からぴょんっと膝に乗ってきます。もうチビチビじゃあないのでちょっと狭そう。


里親募集中のキジ白子猫はあと

そしておばちゃんの胡坐生活が始まったのでした。股関節が痛い・・・。

どんな顔しているかというと、

アニサポ里親募集中の子猫はあと

東海里親募集中の子猫はあと

ひとしきり寝て、甘えて、人に飽きたらトムを遊びに誘いに行きます。でも、最近トム兄はちょっとお疲れ気味。2回に1度は断られます。

里親募集中の子猫はあとねこじゃらし  

隠しておいたねこじゃらし発見!

愛知三重里親募集中の子猫はあと

器用に引っ張り出してきました。遊んで~と持ってくるかと思ったのですが・・・

愛知里親募集中の子猫はあと

一人遊びに興じておりました(^^;)

里親募集中の子猫はあと雌

育ち盛り遊び盛りの可愛いはあと。今日もお腹ポンポコリンでご機嫌です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

お外にいたら危険な子キジ白子猫はあとちゃん

はあとはなかなかおてんばです。すばしっこい子猫です。でも、人が大好きな猫でもあるのです♪甘えたいときは自分から膝にぴょん、と乗ってきます。そのままスヤスヤ眠ってしまうこともあります。

保護したときも、あっけなくケージにおさまったと聞きましたし、モーモーママがシャンプーしているときも、全然平気。大暴れする子ばかり見てきたので(自分の子を含めて・・・)なんて良い子♪って思いました。




つかまえる気満々で近寄るとピュッと逃げていきます。・・・1mくらい。ふ~ん、じゃあいいよ、とそっぽを向くとトコトコ、っと近づいてきます。ほんの少し警戒しちゃうのはお外の生活の名残かな?

でも、こんな子がこれからずっと外にいたかもしれないと思うと恐ろしいです。警戒するのは最初だけですんなり甘えて来そう・・・。こういう子は外生活は危険がいっぱいです。子供たちに場所を移動させられたり、最悪の場合虐待に遭う確率が高いのです。

我が家のおばちゃん猫のように、警戒心がものすっごく強くて、超ビビリの猫はそう簡単に人間に近づかないので危険な目に遭うのも少ないです。



はあとは、初対面の人にスリスリするほどではないけど、人恋しいオーラ全開なのですぐ陥落しそうです。保護してもらって良かったね♪

今日も元気にトム兄と走り回ってます。成長期の子猫のパワーに圧倒されてトムが逃げ込んでかまってあげないと、今度は人間にアプローチ。



とっても可愛い元気娘、里親様募集中です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

人への手加減、猫社会のルールを勉強中の子猫

はあとはどんな風に成長したのかわかりません。ある日突然1匹で姿を現したから。親や兄弟もなく、ぽつんとひとりで にゃあ~ん、と鳴いていました。

保護したその日、警戒心はあるように感じたけど、人に対して必要以上に怖がるわけでもなく、毛布にくるんでなでなですると、ゴロゴロ喉を鳴らしていました。

キジ白子猫


ねえ、はあちゃん、あなたはどこで生まれたんだろうねぇ。。。
一緒にいたきょうだいはどうしたんだろうねぇ。。。

アニサポ保護猫


きっと優しくしてくれた人間にも会っていたと思います。怖くないもんね♪

栄養たっぷりに成長したはあと、しっかりした体格です。とってもバランスの良いきれいな体型をした猫さんです。今はアレルギーのせいか、毛が薄くなっている箇所があるけど、なかなかのべっぴんさんです。

愛知猫里親募集

元気いっぱいで、いつも小走りで部屋を行ったり来たり。高いところへもぴょんぴょん飛び乗っていきます。同じくらいの月齢だった男の子猫でも躊躇したところもあっという間に制覇です。

アニサポ子猫はあと

お外を見て、なにを感じているのかな?これから寒くなるからね。あったかい家の中で美味しいご飯を食べて、すくすく大きくなってくださいな。


活発すぎるはあと、人間では役不足です。子猫の教育係、トムにお任せです。


人間の視点では、かなり激しいな・・・と感じますが、猫はこうやって手加減を覚えていきます。トムはかなり優秀な教育係なので、子猫になつかれてます。



ひとしきり遊んだ後は、仲良く昼寝です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

おてんば子猫はあとお披露目!キジ白プリティガール♪

すっかり更新が滞っておりますが、預かり猫がいないわけではなかったのです。はい、単なるサボリです。実はとーーっくに可愛い子猫が来ております。



9月のある日、とある場所にひょっこり現れたキジ白の女の子です。仮の名は はあと。
保護したその日にモーモーママからバトンタッチ。モーモーママに洗ってもらってから我が家に来ました。

はあと、鼻の頭や首、脇の皮膚が少し赤くなっていました。毛もうすーくなって・・・まぁ、はげていたわけです(^^;)


保護時に外にいたので、ノミやダニのアレルギーかもしれません。念のため真菌の検査をしましたがカビはないとの検査結果をいただき、ほっと一安心。



ちょっとまだ鼻の頭の毛が薄いです(汗)

生後4ヶ月目くらいのキジ白の女の子です。外で怖い思いもしてきたと思うので、警戒心はやっぱりあります。急に動いたり、手を伸ばすとビクッとしてすっとんで逃げます。でも!それ以上に人恋しい!!

ちょっとかわいそうだったけど、2週間ほど娘の部屋オンリーで過ごしていました。10時間くらいは娘はその部屋にいますが、その他は基本はあとひとりです。私が様子を見に行くと、ダーッと寄ってきてゴロゴロ喉を鳴らします。遊んで欲しくてしかたがない感じでした。



はあとはとにかく元気なおてんば娘です。いつもわちゃわちゃ動いていて、まともな写真が撮れないほどです・・・。ねこじゃらしをフリフリするとハンターの血が騒ぐようです。

温もりが恋しい子なので、自分からゴッツンゴッツン意思表示をするけど、抱っこはあんまり好きじゃない。ツンデレではなくデレツン?

じっとしているのが嫌なだけかもしれませんけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

噛み噛みオレ様猫トム氏の現在(やっぱりおれ様なのだ)

今年の3月から預かっていたグレー白のトム君、一旦

トライアルスタート!

なーんて記事を書いたような記憶が・・・(遠い目・・・)




こそーっと出戻っておりまして(^^;)
このブログにちょいちょい顔を出しているのでお気づきの方もいたかと思いますが。

まぁ、結論からいうとうちの子になったわけで。アニサポの皆様にはとっくにご報告を済ませていましたが、ブログには書いていないことに最近気づいた次第。



拙宅で過ごすこと半年、態度も相変わらずでかいです。半年で変わったことと言えば、人間の肌に穴があかない程度の甘噛みを覚えたことと、比例して1日に噛む回数が増えたことです。



最近では、ただそばにいるだけ噛まれることも。さらに、自分から近づいてきてガブッとくるときもあります。



彼にとって「噛む」という行為がなにを意味しているのか、まったくの謎です。もちろん大半は「やめろ」のガブですが、何もされていないときもガブーだし、昨日は朝、寝ている私の足の親指をガジガジかじっていました。いや、ガジガジというよりぎりぎり・・・。痛さで目が覚めました(TT)

そんなトムですが、可愛いところもあります。新しい爪とぎにしっかり反応してくれたりします。



これはいわくつきの爪とぎで、以前同じものを購入して、やっぱり同じように気に入ってくれたのですが、その直後、先住猫のすあまが・・・あろうことか爪とぎの真ん中にうげぇ。。。
大量にリバースしたのです。洗うわけにもいかず、ゴミ箱行きでした。

そんなことがあったからかわかりませんが、数分後こうなりました。



ちなみにこの光景は日に何度か目撃します。子猫にはとんでもなく優しいトムですが、大人猫にはこれです。トライアル中止で戻ってきた理由もこれです(^^;)

うちのおばちゃん猫は嫌がってはいますが、トムのことを怖がっているわけではないのです。トムも相手が「痛い」と感じるほどには噛んでいないようです。たまに毛がボッサーと抜けていることはありますが・・・。

どっちも元預かり猫です。仲良くしてくれとは言わないけど、うまく共棲していってくれることを願っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

三匹の兄妹猫、みーんなお家が決まりました♪

健康茶隊のノニとサラシア、正式譲渡となりました。ずいぶん日にちが経ってしまいましたが(^^;)子猫の場合は基本的にトライアルは1週間なので、とーーっくにお返事は頂いておりました。

うちに来たときは1キロ前後の3兄妹でしたが、ノニはなんと2ヶ月経つころには2.4㎏を超え、トライアルに行くときは倍以上の体格になってました。キャリーにサラシアと一緒に入るのは無理だったので別々のドライブでしたのよ。まー、よく育った!

里親様宅は小学生のお嬢さんと未就学の坊ちゃまがいて、遊び盛りのノニ&サラはいっぱい遊んでもらえそうです。早速送っていただいた画像からも可愛がられていることが伝わってきました。

里子に行った猫たち

サラシアの目が狩人になってます。。。

この子達はルイボスも含めてとっても仲良し兄妹でした。いつも誰かと誰かがくっついている感じでした。真夏で暑かったんですけどね・・・。

ルイボスはアニサポのさぶんたま保護のコジコジ君と一緒のお宅で一足先に幸せつかんでおりました。みーんな本当のお家が決まって嬉しいです♪

里親様宅で遊ぶ子猫兄妹

2匹の名前はノニとサラシアのままということです。命名者としては、なんだかちょっぴり嬉しくもあり。くすぐったい気持ちがしています。ずっと待っていてくれた里親様なので、もうすっかりこの呼び名が馴染んでしまったと仰っていました。

ノニ・ルイボス・サラシアの健康茶隊、良かったね♪♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

のしかかる猫の法則再び(ひまわり隊)

最近少し気温が低くなってきたからか、日中でも2匹くっついていることが多くなってきました。この分だと冬には猫団子が見られるでしょう♪

仲良く日向ぼっこのレモネード&クラレット。

子猫愛知三重岐阜東海地方里親募集

風が程よく入ってちょうどいい感じらしいです。

数分後

一緒に寝る兄妹猫


こうなってました(^^;)

きょうだい子猫

心なしかクラレットちゃん、苦しそう・・・
反してレモネードは




そりゃ心地良いでしょう。。。

レモネードに見つからないようにこっそり寝るクラレットをどうぞ。

キジトラ子猫の寝姿

レモネードとクラレット、本日からトライアルスタートです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

猫が高いところを好む理由?キャットタワーの子猫たち

猫は高いところが好き・・・なのかな?

確かに猫って高いところに登りたがります。異論まったくありません。歴代のうち猫も預かり猫もキャットタワーや棚の上などとにかく高い場所を目指します。


うん、目指すんですよ。


東海地方猫ボランティア

猫は高いところが好き、というのは定説になっていて、その理由は野性の本能の名残ということです。敵に見つからないように高い場所にいる、そして高みから見ることで獲物を見つけやすいからというふたつの理由からです。

家猫にまったく必要のない本能ですね。

里親募集愛知

まあ、それでも高いところにいる猫はなんだか偉そうです。

東海地方猫保護ボランティア

猫は高い場所でも眠ったりしますね。たまに落ちそうになってヒヤッとすることも多々ありますが、猫は多少高い場所から落ちても大丈夫です。三半規管がとっても発達しているので空中でバランスをとって見事な着地をします。

だからといって高い場所で寝るのに適しているかというと甚だ疑問なのです。だって、何匹もドタン、と落ちた子を見ていますから。

本猫もたぶん落ち着かないのでは?と思っています。だってね、大人猫も子猫も一応高みを目指すけれど、一番長くいる場所は




です。爆睡しているのも限りなく床に近い場所。高いところは本能で行きたくなるけど、安眠は地に足をつけて、といったところでしょうか。

キャットタワーの上で一人遊びするクラレットちゃんです。

アニサポ愛知三重岐阜猫里親

アニサポ愛知三重岐阜猫里親

アニサポ愛知三重岐阜猫里親

アニサポ愛知三重岐阜猫里親

アニサポ愛知三重岐阜猫里親

おてんば娘、じっとしていません。
めずらしいおすましショットです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

なぜか僕ちゃんに見えてしまうキジトラ子猫クラレット

クラレットはお目目まん丸のとってもプリティな子猫です。ちょこんと座っているだけでキューッとしたくなるほどです。が!かなりのおてんばさんなのです。(何度も書いているけど)

子猫はみんな遊び好きですが、やっぱり程度の差はあります。クラレットはなかなかワイルドな遊び方をします。兄妹猫のレモネードは男の子なので、体格も一回りくらい大きいのですが、プロレスごっごでも互角です。

怖いものなしなのでトムにも挑みかかります。(ただ遊びたいだけですけど)

アニサポ預かり猫クラレットとトム

レモネードに気をとられているトムの尻尾にじゃれつくクラレット。

保護猫

ガジガジ・・・

子猫と大人猫

うりゃーっ!

尻尾にじゃれる子猫

軽くいなされるクラレットでした。

子猫の抱っこ

いたずらが過ぎると強制的に抱っこの刑。おとなしく抱かれていると見せかけて・・・ぴょんっと飛び降りる隙を狙ってます。遊んで遊んで、遊び疲れるとお気に入りの場所でスヤスヤ。

子猫の寝姿

ん?どうなってるの?


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

猫の性格、男の子と女の子ではやっぱり違うのだ

猫は性別によって性格に特徴があります。ま、一般論ですがそういう傾向がある、ということを知っておけば、猫を迎えようと思ったときの参考にはなります。

アニサポ保護猫ひまわり隊キャットタワーで寛ぐ子猫兄妹

体格は、大人になるとやっぱり男の子の方が大きくなります。子猫の時期は女の子の方が大きいこともけっこうありますよ。去年の預かり猫のクリスマス隊、リース(♀)とルドルフ(♂)は、うちに来たときはリースの方が大きかったけど、お届けするときには逆転してました。

現在預かりひまわり隊、レモネードとクラレットは始めから男の子のレモが大きかったです。態度の大きさは別として・・・。

キジトラの子猫

性格でいうと、男の子は甘えん坊が多く人なつこい、やんちゃで活発な子が多いと言います。女の子はどちらかというとクールで自分から人にベタベタしてくる子は少数派とか。

まぁ、アニサポは乳飲み子から人間のママさんが育てる子が多いので、女の子でもべったりくっついてくる子も多いと思いますが。

さて、私が思う男の子の特徴があります。

茶トラ白子猫

甘えん坊でやんちゃ、納得です。オレ様猫トムに関してはツンデレ疑惑が浮上しています。それ以上に思うこと、それは


あんぽんたん

どこか抜けてる子が多い気がしますよ。寝姿を見れば性別がわかる、ってくらい無防備で笑っちゃう寝方をしている子も多いです。

黒猫の子猫

先日里子に行ったノニ君。彼はいつもバンザイして寝てました。


グレー白大人猫トム

オレ様猫トム氏。・・・何も言えん(^^;)

現在滞在中のレモネード君もなかなかのものです。でも、子猫なのでどんな寝姿でも可愛い♪ってかんじで話のネタにならないです。

しかーし!これはどうなの!?

キャットタワーで寝る子猫


苦しくないんだろうか・・・。


お腹でろ~ん。。。

子猫の寝姿

やっぱり男の子は愛すべきあんぽんたんだと思ったのでした。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

大は小を兼ね・・・ない!子猫の器事情

レモネードとクラレットのタビー兄妹は我が家で預かった当初おチビさんでした。

レモネード-750g
クラレット-670g

お腹ポンポコリンの赤ちゃん体型だった子猫たちですが、今ではキャットタワーでぴょんぴょん飛び跳ねて遊んでいます。
子猫の時期の1ヶ月ってほんとグングン成長しますわ。

子猫兄妹

子猫ごはんはミルクから離乳食へ移るときはたーへんです。といっても私は乳飲み育児のベテランママさんから引き継ぐだけなのでほとんど経験はありません(汗)

ミルクを卒業したからといって手間がかからなくなるわけではありません。ドライフードをしっかり食べられるようになるまでウェットタイプの子猫ごはんか、ドライフードをふやかしたごはんです。

アニサポ保護猫子猫兄妹

足元おぼつかないときはお皿にドッテン、ひっくり返ることもあります。

前足がお皿に入ってる~っ!

なんてことはしょっちゅうです。口の周りもベトベトです。この時期の子猫に大きいお皿はご法度です。体ごとダイブしてしまう確率がかなり高いです(^^;)

子猫

ひまわり隊はちょうどカリカリだけで食べられるようになる直前にうちに来ました。クラレットはすぐにカリカリポリポリ、ドライフードだけを食べ始めたのですが・・・

レモネード君は、「これなんだ!?食べにくいっ!」と拒否。・・・まぁでもこれしかないと分かると仕方なさそーにポリポリ食べてましたけどね( *´艸`)

ひまわり隊子猫

飲食に関して子猫あるあるがもうひとつ。


とにかく水をこぼす

ケージの中は常にビショビショです(TT)固定してあるお皿でもなぜかこぼれてます。泳いでるのか!?って感じです。

お水の器も大きいものは危険です。ホントに泳いでしまう恐れがあります
(゚Д゚;)
レモネード君が室内フリーになり、初めて大きな器を見たときの行動です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪

キジトラ猫はワイルドな性格?プリティ子猫の場合

タビー兄妹の女の子、ひまわり隊クラレットはとってもキュートな子猫です。
くりっくりの大きな瞳で見つめられたらもうたまらないっ!

茶白の兄妹猫レモネードよりひとまわりくらい小さいので、のしかかったりするとキャーッ!っと心配になりますが、実は実は・・・。

保護猫の子猫

キジトラの猫は野性味溢れるワイルドな子が多いといいます。家猫の祖といわれるリビアヤマネコもキジトラだし、野生の山猫の多くもキジ柄なのもうなずけます。厳しい自然の中生き抜いてきた遺伝子を色濃く継いでいるということかしら?

里親募集の子猫

なんのこと~?(クラレット)
可愛い♪

アニサポ保護猫

のび~・・・の仕草も可愛いです。守ってあげたくなるような華奢なクラレットです。
しかーし、そんなキュートな外見からは想像できないくらいおてんば娘です。

レモネードも遊び好きのやんちゃボーイですが、クラレットも負けていませんよ。取っ組み合いになっても互角に渡り合っています。

さすがにワイルドという感じはしませんがとっても機敏です。運動神経の良さはキジトラの特徴のひとつですが、まったくその通り!

レモネードと遊んでいる姿を見ると兄妹ならぬ兄弟!?って思うほどです。




遊びの中で頭を使う行動も多くて、賢い!と唸っています。茶白ボーイは天然でがむしゃらなところが魅力のひとつ、ってことで(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます♪
Copyright © 猫ごと★画像と動画でお届けする猫の日常 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます