お魚さん姉妹の次女ってかんじの「いさき」ちゃん。体の大きさが真ん中ってだけなんですけどね。我が家に来た当初はまだチビ猫、ってかんじだったけど、少しお姉さんっぽくなりました。



これは7/18に撮影した「いさき」下が10日後の7/28撮影です。



ちょっとお目目がうるうるしていて、いさき姫のキュートさが半減しているのが残念!

子猫の風邪は基本は積極的な治療


今お魚隊+シャーロットは風邪からの涙目で点眼と抗生剤の服用中です。良くなったと思ったらまた瞼がくっついてるーっ!の繰り返しです。

猫も風邪治療は基本は免疫力強化です。体力のある大人の猫であれば自然治癒します。ただ、体力のない子猫やシニア猫は、前回も書いたように二次感染を予防するために抗生剤の点眼や飲み薬で治療します。

もちろん大人でも既往症のある子は別です。エイズだったりうちのトムのように喘息&蓄膿症の子は風邪でも大変なことになりかねないので注意が必要ですけどね。



目の調子が一旦よくなった時です。



くりくりのおっきい目で見上げるいさきちゃん。かなーり可愛いです♪



4匹ともよく遊びます。2匹で取っ組み合いをしているときもあるし、団子になってコロコロ転げまわっていたりもします。

一人遊びをしているときもあって、見ていて楽しいです。



猫ってなぜかベッドをカスタマイズします。大人猫も子猫も必ずといっていいほど。誰がひっくり返したのか分からないけど、逆さになった猫ベッドは人気です(^^;)



自分の長い尻尾でじゃれる「いさき」微笑ましいねー、と見ていたら・・・



ガジガジーッ!

ちなみにたまには正しい猫ベッドの使い方もしています。



キジ白なの?サバ白なの?


いさきちゃん、キジ白かな?と思っていたけどサバ白です。顔回りがなんとなーく明るいから顔だけ見るとキジに感じるけど。姉妹の「さより」ちゃんがキジです。



こちら三姉妹。今はハッスル期なのでこんな写真しか撮れないのでご勘弁。真ん中が「いさき」、右が「さより」です。

ちなみに、左の「いくら」も黒い毛にうーっすら縞模様が見えます。

キジトラとサバトラの違いって言葉にするとすごく簡単です。トラは縞模様のことですから、
  • キジトラ→茶にこげ茶
  • サバトラ→灰色に黒

ちなみに茶トラは薄茶に茶色の縞模様です。

ただ、その子によって毛色には濃淡の差が大きいので、キジトラでも茶に黒の縞模様って見えることもあるのですね。

サバトラもその子によって濃淡の差が激しいので、子猫のときは特に「どっち?」と迷うことが多いです。成長するにしたがって濃くなっていく被毛もありますから。

いさき姫、実は甘えん坊かもね


来た当初から、なんか気がつくと近くにいたのがいさきちゃん。基本、しまわん母さんの愛情たっぷりに乳飲み子から育った4匹なので、人間に対して警戒しません。

それでも、初めての環境と知らない人間、母さんいないし・・・ってことでナーバスになる子もいます。さよりがそのタイプ。

いさきちゃんは、ごはんを持っていくと

「ごはんなの?ごはん♪ごはん♪」

目をキラキラさせて一番乗りする子でした。食後、小さな体でたまによろけながらも洗顔&毛繕いタイムですが、そんな時も人に寄ってきて、すぐ近くで始めます。

よろっとしてトンとぶつかってきたりして、うわぁぁぁ可愛いのぉぉ♪と猫バカを大満足させてくれるお姫様です。



ハッスルタイムが終わった頃、ウトウトし始めた「いさき」ちゃん。そっと撫でると

ゴロゴロ~・・・ゴロゴロ~・・・。

甘えん坊であることは確かだと思うのですが、控えめに感じてしまうのは・・・

アタチを見て~っ!

と猛アピールをするこのお方がいるからかと・・・




少し前の動画です。今はもう少し(かなり)激しく遊んでます~。